orosyサプライヤー利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社スペースエンジン(以下「スペースエンジン」といいます。)が提供する本サービス(第1条で定義)の利用の諸条件を定めるものです。本規約をご覧いただき、ご同意された上で本サービスをご利用ください。

第1条 定義
1. 「サプライヤー」とは、本サービスを利用して商品を販売することを目的に会員登録を行った者をいいます。

2. 「商品」とは、サプライヤーが本サービスを利用して販売する商品をいいます。

3. 「商品ページ」とは、サプライヤーが商品を売るための本サービス上のページをいいます。

4. 「バイヤー」とは、本サービスを通じてサプライヤーから商品を購入することを目的に会員登録を行った者をいいます。

5. 「ブランドページ」とは、サプライヤーが自身のブランド、商品を説明するための本サービス上のページをいいます。

6. 「本サービス」とは、スペースエンジンが提供する、サプライヤーが設定する価格で商品の販売ができるサービス「orosy」(名称が変更された場合には当該変更後のサービスを含み、以下「本サービス」といいます。)をいいます。

7. 「利用申込者」とは、会員登録を申し込む者をいいます。

第2条 本規約の適用範囲
本規約は、スペースエンジンとサプライヤーとの本サービスの利用に関する条件を定めることを目的とし、スペースエンジンとサプライヤーとの間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。本サービスをご利用になる際は必ず本規約をお読みになり、本規約をご承諾ください。本サービスを利用した時点で本規約に承諾したものとみなします。なお、本サービスは、事業者向けのものであり、サプライヤーは、自らが消費者契約法第2条第2項に定義される「事業者」であることを表明し、保証します。

第3条 会員登録
1. 利用申込者は、スペースエンジンが定める方法で、真実かつ正確な最新情報で本サービスの利用を申し込むものとし、スペースエンジンがこれを承諾した時に本サービスの利用に関する契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。

2. スペースエンジンは、以下の場合に本サービスの利用を承諾しないことがあります。スペースエンジンは、承諾しなかった場合の判断の理由については一切利用申込者に開示する義務を負いません。また、利用申込者は判断の結果に対して異議を述べることはできません。
(1)利用申込者が実在しない場合
(2)利用申込者が届け出ている住所、電話、メール等の連絡先に連絡が取れない場合
(3)登録情報(本サービス上に登録されているサプライヤーの情報を意味します。以下同じ。)に虚偽またはこれに類する不正確な内容の記載が含まれていることが判明した場合
(4)スペースエンジンの業務の遂行上または技術上支障がある場合
(5)反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流若しくは関与を行っているとスペースエンジンが判断した場合
(6)その他スペースエンジンが不適当と認めた場合

3. 本サービスの利用は、日本国内在住の方に限ります。

4. 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人である利用申込者は、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得て本サービスの申し込みを行うものとします。

第4条 IDおよびパスワードの管理
1.サプライヤーは、本サービスのIDおよびパスワードを、自己の責任において管理するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、担保設定等一切の処分をしてはならないものとします。
2. 本サービスのIDおよびパスワードを利用して行われたあらゆる行為の責任は、第三者がサプライヤー本人の同意なく行った場合や不正に使用した場合であっても、サプライヤーが負うものとし、スペースエンジンは、サプライヤーに生じたあらゆる損害について、一切責任を負いません。
3. サプライヤーは、本サービスのIDおよびパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨をスペースエンジンに連絡するものとします。 ただし、スペースエンジンは、当該サプライヤーのIDおよびパスワードによるサービスの利用停止または終了の措置をスペースエンジンの裁量で取ることができるものとしますが、このような措置をとる義務を負うものではなく、その情報漏洩等によって生じたあらゆる損害について一切責任を負いません。

第5条 提供する情報の利用及び商標等の使用許諾
1.本サービスに掲載する情報(ブランドページに掲載される情報を含みますが、これに限られません。)は、スペースエンジン又は情報作成者たるサプライヤー等の第三者に著作権が帰属します。当該情報を転用、開示、提供、掲載等により利用する場合には、著作権者である、スペースエンジン又第三者の許可が必要です。
2. サプライヤーは、自らの責任で本サービスの情報の真偽を確認した上で利用するものとし、本サービスの情報を利用することでサプライヤーに生じた損害については、スペースエンジンは何ら責任を負わないものとします。
3.サプライヤーは、スペースエンジンに対し、サプライヤーが権利を有する商標、サプライヤーのサービスマーク、サプライヤーの商号、店舗の名称、サプライヤーのコンテンツ及びサプライヤーの商品の写真に関する著作権について、次の範囲で使用を許諾するものとします。
(1)使用範囲 本サービスの提供及び本サービスの広告宣伝に必要な範囲で、スペースエンジンその他の第三者のパンフレット、ウェブサイトその他の媒体に掲載すること
(2)使用対価 無償

第6条 本サービスにおけるスペースエンジン、サプライヤー、バイヤー間の契約関係
1. 本サービスは、サプライヤーがバイヤーへ商品を販売するための「場」をスペースエンジンが提供するものです。サプライヤーが本サービスを通じて行う商品販売及び販売委託は、サプライヤーとバイヤーとの間で直接行っていただく取引です。

2. スペースエンジンがバイヤーまたはサプライヤーとなる取引を除き、スペースエンジンは取引の当事者とはならず、取引に関する責任は負いません。

3. スペースエンジンは、サプライヤーのためバイヤーから商品の購入代金、デポジット等を代理受領しますが、売買契約及び委託販売契約の当事者になるものではありません。従って、本規約に定めがある場合を除き、いかなる場合も、スペースエンジンは、商品の購入代金、デポジット等をバイヤーに返還する義務を負わず、バイヤーは、何らかの理由で商品の購入代金、デポジット等の返還を求める場合、サプライヤーに請求するものとします。

4. 前項の規定にかかわらず、サプライヤーと売買契約を締結したバイヤーがスペースエンジンとの間において、購入した商品の購入代金、送料その他の本来バイヤーが負担するべき費用(以下「バイヤー費用等」といいます。)をスペースエンジンが負担する内容の契約(orosyポイント利用規約に係る契約を含みますが、これに限られません。)を締結している場合には、スペースエンジンは、バイヤーがサプライヤーに対して負担するバイヤー費用等について、本サービスで別途定める条件により、バイヤーから代理受領せず、代わりにバイヤー費用等相当額を当該サプライヤーに対して支払うことができます。

5. 前項に定める場合、サプライヤーは、スペースエンジンからバイヤー費用等相当額の支払を受けるにあたり、事前にスペースエンジンに対してバイヤー費用等の支出金額が記載された資料をスペースエンジンの指示に従い提出しなければならず、当該資料の提出がない場合(資料が提出されたものの、それがスペースエンジンの指定する内容、様式その他の条件を満たすものでない場合及び資料の全部又は一部の内容が偽造又は変造されたものである場合を含みます。)、スペースエンジンはサプライヤー対して、前項に定めるバイヤー費用等相当額を支払う義務を負わないものとします。

6. 前2項の規定にかかわらず、バイヤーとサプライヤーとの間の売買契約が何らかの原因により解除又は無効となって場合、サプライヤーは、スペースエンジンが当該サプライヤーに支払ったバイヤー費用等相当額をスペースエンジンが指定する時期及び方法に従い返還するものとします。

7. 以下の各号については、商品の売主たるサプライヤーが直接責任を負い、バイヤーに対して誠実に対応するものとしスペースエンジンは一切の責任を負わないものとし、サプライヤーは予めこれに同意します。
(1)バイヤーへの商品の発送及び引渡し
(2)商品の適切な管理、品質の保証
(3)バイヤーからの返品、交換等の対応
(4)その他、売買契約の当事者であるサプライヤーとバイヤーの間で発生したトラブルの解決

第7条 商品の掲載
1. サプライヤーは、スペースエンジン所定の方式により商品を本サービス上に登録するものとします。

2. サプライヤーは、登録した商品についての情報が真実かつ正確であることを保証するものとします。

3. サプライヤーは、商品の内容及び販売・提供条件について、文字及び画像により具体的かつ適切な説明を行うものとします。

4. サプライヤーは、本サービスに登録した商品の情報をスペースエンジン所定の方式により自由に変更できるものとします。

5. サプライヤーは、法令を遵守して販売を行うものとします。

6. サプライヤーが本規約に違反した販売をしようとする場合、その他スペースエンジンが不適当と認める場合、スペースエンジンは販売を停止又は取り消すことができるものとします。かかる停止又は取消によりサプライヤーに損害が発生した場合でも、スペースエンジンは一切の責任を負わないものとします。

7. サプライヤーは、本サービスにおいて以下の商品の販売を行うことはできません。
サービス・権利など実体のないもの
偽ブランド品
銃砲、刀剣類、化学兵器等の武器及び火薬類、毒性物質、サリン等の危険物
知的財産権を侵害するもの
覚せい剤、麻薬、大麻、あへん等規制薬物、危険ドラッグ類、向精神薬、毒物、劇物
わいせつ物、ポルノ、児童ポルノ、アダルトグッズ等アダルト関連商品
偽造若しくは変造された通貨、有価証券、公正証書、公文書(免許証、旅券等を含む。)
人体及び人体の一部
生き物
商品券、プリペイドカード、印紙、切手その他の有価証券・金地金
犯罪や違法行為に使用される可能性があるもの
盗品など不正な経路で入手した商品
安全面、衛生面に問題のある食品類
法令に抵触するサプリメント類
個人情報を含む出品・投稿、個人情報の不正利用
危険物や安全性に問題があるもの
その他取引することが法令に違反する商品等
その他スペースエンジンが不適当と判断した商品等

8. 第2項に基づく情報の誤り、錯誤、事実との差異により、バイヤーに生じた損害については、サプライヤーが直接責任を負い、バイヤーに対して誠実に対応するものとしスペースエンジンは一切の責任を負わないものとします。

第8条 取引申請
1. バイヤーが商品の価格の閲覧や購入を希望する場合、当該商品を販売しようとするサプライヤーに対し、スペースエンジン所定の方式により取引の申請(以下、「取引申請」といいます。)を行い、サプライヤーがこれをスペースエンジン所定の方式により承諾することにより、バイヤーは、当該サプライヤーが販売しようとする商品の価格の閲覧、購入ができるようになるものとします。

2. サプライヤーが承諾しなかった場合の判断の理由について、サプライヤーは一切バイヤーに開示する義務を負いません。また、バイヤーは判断の結果に対して異議を述べることはできません。

第9条 本サービスを通じた商品の売買契約の締結
1. 取引申請を許可したバイヤーが、スペースエンジン所定の方式により商品の購入を申し込んだ時点で、サプライヤーを売主、バイヤーを買主とする商品ページに記載された条件に従った内容の商品の売買契約が成立します。

2. 売買契約が成立した場合、スペースエンジンはバイヤーから本サービスが定める方法により商品の代金と送料の合計額をサプライヤーに代わり代理受領します。

3. サプライヤーは、売買契約等が成立した場合、スペースエンジンの定める金額の本サービス利用料をスペースエンジンの定める方法によりスペースエンジンに対して支払うものとします。

4. 売買契約成立後のサプライヤー都合によるキャンセルはお受けできません。但し、サプライヤーは、商品の在庫切れ等が生じている場合に限り、売買契約が成立してから3営業日以内にバイヤーに通知することにより、売買契約をキャンセルすることができます。

第10条 本サービスを通じた販売委託契約の締結
1. 取引申請を許可したバイヤーが、スペースエンジン所定の方式により商品の販売委託を申し込んだ時点で、サプライヤーを売主、バイヤーを買主とする商品ページに記載された条件に従った内容の商品の販売委託契約が成立します。販売委託契約の内容は、別紙のとおりとします。

2. 委託販売商品の掛け率は、スペースエンジンが本サービス上別途指定するものとします。

3. サプライヤーは、受託商品の滅失、毀損等により、バイヤーから損害賠償を受ける場合、受託商品1個あたりの販売価格に滅失、毀損等の個数を乗じた金額(税別)を、スペースエンジンがバイヤーから預かるデポジット金から控除し、スペースエンジンからサプライヤーに支払われる方法により補償されることに合意するものとします。

4. 販売委託契約成立後のサプライヤーの都合によるキャンセルはお受けできません。但し、サプライヤーは、商品の在庫切れ等が生じている場合に限り、売買契約が成立してから3営業日以内にバイヤーに通知することにより、売買契約をキャンセルすることができます。

5. バイヤーが販売条件に違反していることが判明した場合には、サプライヤーは販売委託契約に基づく措置をとることができるものとします。スペースエンジンは、その違反によって生じたあらゆる損害について一切責任を負いません。

6. サプライヤーは、販売委託契約期間中の販売委託契約の解除については、第4項但書の場合を除き、合意解約を含み一切行うことができないものとします。

第11条 売上金の引き渡しと本サービス利用料金
1. サプライヤーがスペースエンジンに支払う本サービス利用料は、売買契約に基づく月間の商品売上金額(消費税別)に対して10%を乗じた額(消費税込)とします。

2. スペースエンジンはサプライヤーに対し、月間の商品売上金額から前項に基づく本サービス利用料金を控除した金額を、毎月末日に締めて翌月 10 日までに、サプライヤーが指定する銀行口座に振り込む方法により支払うものとする。但し、振込手数料はサプライヤーの負担とします。

3. 第10条に基づく委託販売のサプライヤー収益も、スペースエンジンからサプライヤーへの支払いに合算して支払うことにより、バイヤーからサプライヤーへの売上金引き渡しを完了するものとします。

第12条 商品の納品
1. サプライヤーは、バイヤーとの間に、売買契約及び販売委託契約が成立した場合は、本サービス内でバイヤーから指定されたお届け先住所宛に商品を発送するものとします。

2. 納品時に商品の破損、瑕疵、数量不足等があった場合には、バイヤーは受領後5日以内にその詳細をサプライヤーに連絡するものとし、サプライヤーは商品の破損、瑕疵、数量不足等について誠実に対応するものとします。

第13条 クレーム処理
バイヤーまたはバイヤーから商品を購入した第三者から商品に関するクレーム(製造物責任法上の「欠陥」を含むが、これに限らないものとします。)があった場合、その対応および処理は、サプライヤーがその費用と責任において行うものとします。ただし、当該クレームがスペースエンジンの責に帰すべき事由によるものである場合、その対応および処理は、スペースエンジンがその費用と責任において行うものとします。

第14条 個人情報
1. 本サービスに関して得られたバイヤーの個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される「個人情報」を意味します。以下同じ。)は、すべてスペースエンジンに帰属するものとし、スペースエンジンは、個人情報を、商品の納品のために必要な範囲でサプライヤーに開示します。

2. スペースエンジンは、サプライヤーの個人情報を、別途スペースエンジンの定める「プライバシーポリシー」にしたがって取り扱うものとし、サプライヤーはこれに同意します。

3. サプライヤーは、商品の納品の目的以外には、バイヤーの個人情報を利用することはできません。

4. 万一、サプライヤーまたはその使用人による取扱い上の不注意や過失により、個人情報の漏洩などの問題が発生した場合には、サプライヤーは全ての責任を負い、速やかに適切な措置をとらなければなりません。

5. サプライヤーは、登録情報に変更が生じた場合には、速やかにスペースエンジンに所定の方法で変更の届出をするものとします。ただし、手続きの関係上、変更の手続きをされてから、当該変更が有効になるまで日数を要することがあります。

6. サプライヤーが、前項の届出をするまでの間または前項の届出を怠ったことにより、不利益や損害を被ったとしても、スペースエンジンは一切その責任を負いません。

第15条 変更事項の通知
1. サプライヤーは第3条の会員登録時に提供した情報に変更が生じた場合は、遅滞なくスペースエンジンが別途指定する方法により変更内容を通知し、スペースエンジンが要求する書類を提出しなければなりません。

2. サプライヤーが、前項の通知及び書類の提出をするまでの間または前項の通知又は書類の提出を怠ったことにより、不利益や損害を被ったとしても、スペースエンジンは一切その責任を負いません。

第16条 退会
1. サプライヤーが、本サービスの退会を希望する場合は、スペースエンジンまでご連絡下さい。進行中の取引がある場合は、ご連絡をいただいても退会手続きができません。お取引終了後に連絡ください。スペースエンジンが確認したことをもってサプライヤーが退会したものとします 。

2. スペースエンジンは、サプライヤーが本サービスから退会した場合も、本サービスの利用によるサプライヤーへの支払い履歴など、スペースエンジンが必要と判断した情報を保管及び利用します。

第17条 内容及び仕様
スペースエンジンは、本サービスの内容及び仕様を予告なく変更することがあるものとし、サプライヤーはこれに異議を唱えることができないものとします。

第18条 本サービスの終了及び中断
1.スペースエンジンは、スペースエンジンが適当と判断する方法でサプライヤーに事前に通知することにより、スペースエンジンの裁量で、本サービスを終了することができるものとします。

2.スペースエンジンは、以下各号の事由が生じた場合には、サプライヤーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を一時的に中断することができるものとします。
(1)本サービスに関するメンテナンスを定期的又は緊急に行う場合
(2) アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合
(3) サプライヤー及びバイヤーのセキュリティを確保する必要が生じた場合
(4) 電気通信事業者の役務が提供されない場合
(5) 天災、法令改正等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
(6) その他前各号に準じスペースエンジンが必要と判断した場合

3.本条に基づくスペースエンジンの措置によりサプライヤーに発生した一切の損害について、スペースエンジンは何らの責任も負わないものとします。

第19条 権利義務の第三者への譲渡禁止
1. サプライヤーは、本契約上の地位及び本規約により生ずる権利義務について、第三者に譲渡し、または第三者の権利を設定してはならないものとします。

2. スペースエンジンが、本サービスに関する事業を第三者に譲渡したときは、スペースエンジンは、当該事業譲渡に伴い、本契約上の地位、権利及び義務並びにサプライヤーに関する一切の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、サプライヤーは、予めこれに同意するものとします。

第20条 保証の否認および免責事項
1. スペースエンジンは、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグを含む。)がないことを保証するものではありません。

2. 商品、商品ページ上の記載内容、サプライヤーによる個人情報の取扱いなどについては、サプライヤーが直接バイヤーに対して責任を負うものとします。

3. 商品内容等についてスペースエンジンは、内容の真偽、正確性、最新性、有用性、信頼性、適法性、第三者の権利を侵害していないことなどについて、一切保証しません。

4. サプライヤーは、本サービスの利用によりバイヤーその他の第三者との間で紛争が生じた場合、サプライヤー自身の責任と費用をもって解決するものとし、スペースエンジンに何ら迷惑をかけず、またこれによりスペースエンジンが被った損害を賠償するものとします。

5. サプライヤーは、本サービスの利用がサプライヤーに適用される法令、通達、指針、ガイドライン、業界団体の規則等に違反しないかを自らの費用と責任において確認するものとし、スペースエンジンは、この点について何らの保証もせず、一切の責任を負わないものとします。

6.スペースエンジンは、本サービスの提供にあたってサプライヤーに損害を与えた場合、スペースエンジンに故意または重大な過失がある場合に限り、サプライヤーが、直接の結果として現実に被った通常の損害に対して賠償をする責任を負います。なお、いかなる場合でも、本サービスに関連してスペースエンジンが負う損害賠償の額は、当該損害の発生した日から遡って2か月間にスペースエンジンが当該サプライヤーから受領した第9条第2項に基づくサービス利用料の額を上限とし、それ以外の損害については一切その責任を負いません。

第21条 本規約の変更等
1. スペースエンジンは以下の各号のいずれかに該当する場合に、本規約を随時変更することがあります。なお、この場合には、サプライヤーの本サービスの利用条件の内容は、変更後の利用規約に従うものとします。
(1)本規約の変更がサプライヤーの一般の利益に適合するとき
(2)本規約の変更が、本契約の目的に反するものではなく、かつ変更の必要性、変更後の内容の相当性及び合理性があるとき

2. スペースエンジンは、前項の変更を行う場合は、少なくとも14日の予告期間をおいて、変更後の利用規約の内容及び変更の効力発生日をサプライヤーに通知又は公表するものとし、当該予告期間の満了日の経過をもって、本規約の変更の効果が生じるものとします。

第22条 禁止事項
サプライヤーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはならないものとします。
(1)法令または公序良俗に反する行為
(2)本サービスに含まれる著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為
(3)スペースエンジンのサーバーまたはネットワークの機能を破壊等する行為
(4)本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
(5)不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
(6)第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(7)本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により他者の個人情報を収集する行為
(8)本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(9)本サービスならびに本サービスのコンテンツおよびその内容について、その全部または一部を問わず、商業目的で利用(使用、複製、複写、蓄積、再生、販売、再販売その他形態のいかんを問いません)すること。
(10)虚偽の情報を本サービス上で投稿、送信等する行為
(11)販売の意思がないのに、売買契約を締結する行為
(12)スペースエンジン、他のサプライヤー、バイヤー又は第三者の権利を侵害する行為
(13)本サービスを妨害する行為
(14)本サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(15)その他スペースエンジンが不適当と判断する行為

第23条 契約解除権
1.スペースエンジンは、サプライヤーに次の事由が生じた場合、何らの催告も要することなく本契約の全部または一部をただちに解除することができるものとします。
(1)差押、仮差押、仮処分、競売、租税滞納処分、その他公権力による処分を受け、またはこれらの処分を 受けるべき事由が生じたとき。
(2)手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
(3)破産手続、特別清算手続、民事再生手続開始または会社更生手続開始の申立があったとき。
(4)営業の廃止もしくは変更、または合併もしくは解散の決議をなしたとき。
(5)本契約に基づく義務に違反しまたは義務の履行が困難であるとスペースエンジンが判断したとき。
(6)第3条第2項各号に該当することが判明したとき。
(7)その他本契約の継続が困難であるとスペースエンジンが合理的に判断したとき

2.スペースエンジンは本条の措置により、サプライヤーに生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第24条 機密の保持
1. 本規約において、「秘密情報」とは、本サービスに関連して、サプライヤーがスペースエンジンより書面、口頭もしくは記録媒体等により提供もしくは開示され、または知り得た、スペースエンジンの技術、営業、業務、財務、組織その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下の各号に該当する情報は、秘密情報から除外するものとします。
(1)スペースエンジンから提供もしくは開示がなされたときまたは知得したときに、既に一般に公知となっており、または既に知得していた情報
(2)スペースエンジンから提供もしくは開示または知得した後、自己の責めに帰すことのできない事由により刊行物その他により公知となった情報
(3)提供または開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取 得した情報
(4)秘密情報によることなく単独で開発した情報

2. サプライヤーは、秘密情報を、本サービスを利用する目的に限定して利用するとともに、スペースエンジンの事前の書面による承諾なくして第三者に秘密情報を提供、開示または漏洩してはならないものとします。

3. 前項の定めにかかわらず、サプライヤーは、法令の定めによる命令、要求または要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、サプライヤーは、当該命令、要求または要請があった場合、速やかにその旨をスペースエンジンに通知しなければなりません。

4. サプライヤーは、秘密情報を記載した文書または磁気記録媒体等を複製する場合には、事前にスペースエンジンの書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。

5. サプライヤーは、スペースエンジンから求められた場合にはいつでも、遅滞なく、秘密情報ならびに秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体物およびその全ての複製物を、スペースエンジンの指示に従い、返却または廃棄しなければなりません。

第25条 知的財産権
本サービスに関する特許権、著作権、意匠権、実用新案権、商標権等の知的財産権はスペースエンジン又は権利者である第三者に帰属するものとし、本契約に基づく本サービスの利用の許諾は、本サービスの利用に必要な範囲を超える知的財産権の利用許諾を意味するものではありません。

第26条 反社会的勢力の排除
1.サプライヤーは、スペースエンジンに対し、次の各号に該当しないことを表明保証し、将来にわたり該当しないことを誓約します。
(1)自ら並びにその親会社、子会社、関連会社、役員及び重要な従業員が、反社会的勢力であること。
(2)自ら並びにその親会社、子会社、関連会社、役員及び重要な従業員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。
(3)前二号に該当しなくなったときから5年を経過していないこと。
(4)自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、次に掲げる行為又はこれに準ずる行為を行うこと。
(ア) 暴力的な要求行為
(イ) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(ウ) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(エ) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為

2.スペースエンジンは、サプライヤーが前項に違反した場合、本契約を解除することができるものとします。

3.前項に基づき本契約を解除したスペースエンジンはサプライヤーに対し、当該解除によりサプライヤーに生じたいかなる損害についても責任を負わないものとします。

第27条 本契約の範囲
本規約に定める内容のほか、本サービスに掲載する本サービスの利用に関するルール等も、本契約の内容を構成するものとします。

第28条 通知
1. スペースエンジンは、本サービスに関連してサプライヤーに通知をする場合には、本サービスに掲示する方法又は登録情報として登録された電子メールアドレス・住所に宛てて電子メール・文書を送信する方法など、スペースエンジンが適当と判断する方法で実施します。

2. 前項に定める方法により行われた通知は、前者の場合には通知内容が本サービスに掲示された時点に、後者の場合はスペースエンジンが電子メール・文書を発信した時点に、それぞれその効力を生じるものとします。

第29条 有効期限
本契約の有効期間は、第3条に基づき本契約が成立した日から、サプライヤーの退会手続が完了するまでとします。但し、本サービスが終了した場合には本サービスが終了した時点をもって本契約は終了するものとします。

第30条 存続条項
本契約が終了した場合でも、第3条第2項、第4条第2項及び第3項、第5条第1項及び第2項、第6条、第7条第6項及び第8項、第8条第2項、第10条第5項、第12条第2項、第13条、第14条、第15条第2項、第16条第2項、第18条第3項、第19条、第20条、第22条、第23条第2項、第24条、第25条、第26条第3項、本条、並びに第31条の規定は、有効に存続するものとします。但し、第24条の規定は、本契約終了後5年間に限り有効に存続するものとします。

第31条 準拠法及び管轄裁判所
準拠法は日本法とし、本契約に基づく訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

第32条 別途協議
本規約に定めのない事項および疑義の生じた事項については、サプライヤーとスペースエンジンが別途協議の上決定するものとします。

(別紙)販売委託契約

サプライヤーとバイヤーは、以下の通り、スペースエンジンが提供するサービス「orosy」(以下「本サービス」という。)を通じた商品の販売委託契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条 販売委託
サプライヤーはバイヤーに対し、サプライヤーが本サービスを利用して販売する商品(以下「本商品」という。)の販売を委託し、バイヤーはこれを受託する。バイヤーの受託業務の範囲は、次の通りである。
1. 本商品の販売
2. 前項の他、本商品の販売に関連する一切の事務

第2条 販売価格
1. バイヤーから本商品を購入する者(以下「顧客」という。)に販売する際の本商品の販売価格は、サプライヤーが本サービスを通じて別途指定するものとする。
2. サプライヤーがバイヤーに販売する際の本商品の販売価格は、本サービス上別途指定される価格とする。
3. バイヤーの販売店舗の家賃、販売員の人件費、クレジットカード手数料、レジ袋、広告の費用は、バイヤーが負担する。

第3条 本商品の販売委託期間等
本商品の販売委託期間は、本契約が成立した日の属する月の翌月末までとし、販売場所および納品個数は、スペースエンジンのサービスを通じてサプライヤーバイヤー間で合意した内容によるものとする。

第4条 中途解約
サプライヤー及びバイヤーは、本契約の販売委託期間中の解約については合意解約を含み一切行うことができないものとする。

第5条 販売代金の引き渡しおよび販売手数料の精算
サプライヤーバイヤー間における本商品の売上金の引渡しおよび販売手数料の支払は、orosyサプライヤー利用規約(以下「本規約」という。)第11条に定める方法によるものとする。

第6条 本商品の引渡し
サプライヤーは、バイヤーに販売を委託する本商品を、販売委託契約が成立した日から速やかに、バイヤーの指定する納品場所に送付し引き渡すものとする。

第7条 契約不適合
1. バイヤーは、前条によりサプライヤーから本商品の引渡しを受けたときはこれを検査し、種類、数量、品質に関して本契約の内容に適合しない場合には、納入を受けた日から5日以内に、サプライヤーに対して通知するものとする。この場合、サプライヤーは、バイヤーに代替品を送付するか、バイヤーに販売を委託する品数を減少させるかを選択することができる。
2. サプライヤーは、前項の期間の経過後に契約不適合が発覚した場合、何らの責任も負わないものとする。

第8条 商品管理および危険負担
1. バイヤーは、サプライヤーから引渡しを受けた本商品を、顧客に販売し、または第 10 条の定めによりサプライヤーに返還するまでの間、善良なる管理者の注意をもって保管するものとする。
2. 天災地変等の不可抗力その他サプライヤーバイヤーいずれの責にも帰し得ない事由による本商品の滅失、 毀損等による損害は、サプライヤーが負担する。
3. バイヤーがサプライヤーから本商品の引渡しを受けた後、第1項の義務違反が生じた場合、バイヤーはサプライヤーに対し、第1項の義務違反により生じた本商品の滅失、毀損等による損害の額を、デポジットから控除された上でスペースエンジンからサプライヤーに支払われる方法により補償されることに合意するものとする。

第9条 所有権の移転
本商品の所有権は、バイヤーが顧客に本件商品を引き渡した時点においてサプライヤーからバイヤーに移転する。

第10条 商品の返還
バイヤーは、サプライヤーに対し、販売委託期間が満了時点で、売れ残った本商品を、5日以内に発送する方法により返還するものとする。送付費用は、バイヤーの負担とする。

第11条 報告クレーム処理
顧客または第三者から本商品に関するクレーム(製造物責任法上の「欠陥」を含むが、これに限らないものとする。)があった場合、その対応および処理は、サプライヤーがその費用と責任において行う。ただし、当該クレームがバイヤーの責に帰すべき事由によるものである場合、その対応および処理は、バイヤーがその費用と責任において行うものとする。

第12条 守秘義務
サプライヤーおよびバイヤーは、本契約に関連して知り得た、または、相手方から開示を受けた相手方の営業上および技術上の秘密情報を、本契約の販売委託期間中はもちろん、その満了後においても、第三者に一切漏洩しないものとする。

第13条 契約解除
サプライヤーまたはバイヤーは、相手方が次の各号の一つにでも該当したときは、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができるものとする。
(1)本契約の条項に違反し、相手方が相当の期間を定めて是正を催告したにもかかわらず、当該期間内に是正を行わないとき
(2)自ら振り出し、または裏書した手形、小切手が 1 通でも不渡りとなったとき
(3)自らの債務不履行により、差押、仮差押、仮処分などを受けたとき
(4)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算の申立をし、またはこれらの申立を受けたとき
(5)解散、合併または営業の全部もしくは重要な一部の譲渡を決議したとき
(6)監督官庁から営業取消、営業停止等の処分を受けたとき
(7)財政状態が悪化し、またはその恐れがあると認められる相当の事由があるとき
(8)前各号に準じる事実が生じたとき

第14条 協議
1. 本契約に定めのない事項については、本規約の規定が適用されるものとする。

2. 本契約もしくは本規約に定めのない事項、または本契約もしくは本規約の条項の解釈に関して疑義が生じた事項は、サプライヤーバイヤー誠意をもって協議の上、解決する。

第15条 合意管轄
本契約に関する紛争については、バイヤーの住所地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。